メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム新着情報・トピックス > 「新庄まつり」がユネスコの無形文化遺産に登録決定!

新着情報・トピックス

「新庄まつり」がユネスコの無形文化遺産に登録決定!

2016.12.5掲載

山形県の北部に位置する最上地域の新庄市で毎年行われている「新庄まつり」が、12月1日、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることが決定しました。

「新庄まつり」は、毎年8月24日から26日に開催され、東北の夏祭りの最後を飾ります。起源は、新庄藩5代藩主戸沢正氏iまさのぶ)が1756年、前年の大飢餓で弊害した領民を元気づけ、豊作を願おうと、城内天満宮の祭礼を領民挙げて行ったものとされています。

その新庄市と周辺町村(最上地域)は、自然豊かなエリアであり、山や森林に囲まれ、美しい川が流れ、魅力ある農産物が沢山あります。ユネスコの無形文化遺産登録決定を記念し、そのごく一部をご紹介します。

ニラ「達者de菜」 最上地域で広く生産されているニラは、山形県内で最も多い生産量を誇り、全国でも有数の産地。「達者de菜(たっしゃでな)」の地域統一ブランドで、高品質なニラをお届けしています。
ニラ「達者de菜」
主要産地 新庄市 金山町 真室川町
出荷時期 5月下旬〜9月中旬
ネギ 最上で栽培されているのは、根に近い白い部分を食べるいわゆる「根深ねぎ」。白い根の部分を太陽に当てないよう何度も丹念に土寄せをして育てています。食味はやわらかく、ほのかな甘みが感じられます。
ネギ
主要産地 新庄市 金山町 真室川町
出荷時期 7月〜11月
アスパラガス 冷涼な最上の気候を活かし栽培されているアスパラガス。地元の畜産農家と連携し、堆肥をふんだんに使用することで減農薬栽培に取り組み、食味がよく、さらに安心安全な商品を実現しています。
アスパラガス
主要産地 最上町 舟形町 鮭川村
出荷時期 5月〜9月
大玉トマト/ミニトマト 最上川流域沿いのきれいな水ときれいな空気、昼夜の寒暖差など、恵まれた環境の下で育まれたトマトです。トマト作りの基本は、健康な土づくり。毎年土壌分析を行い、バランスを考えたミネラルを施用しています。
大玉トマト/ミニトマト
主要産地 大蔵村 鮭川村 真室川町
出荷時期 7月〜10月(共通)
ししとうがらし ししとうがらしの生産量は、山形県の中でも最上地域が圧倒的なシェアを獲得しています。青々として彩りもきれいなししとうがらしは、どんな料理にでも合い、夏バテ予防にも効果があります。
ししとうがらし
主要産地 新庄市 大蔵村
出荷時期 7月上旬〜9月下旬
わらび 最上地域の山野で広く群生しているわらびは、太くてやわらかく、粘りがあると評判です。おひたしや一本漬け、わらびたたき等にすると美味しく、6月になると観光わらび園は多くの観光客で賑わいます。
わらび
主要産地 最上全域
出荷時期 5月上旬〜6月下旬
促成たらの芽 たらの芽は、ほろ苦い味や香りが絶品で、山菜の王様と呼ばれています。最上地域は、促成栽培を早くから取り入れ、生産量全国1位の山形県の中でも最も生産が盛んな地域で、早春の珍味を一足早くお届けしています。
促成たらの芽
主要産地 最上全域
出荷時期 12月〜5月
促成ふきのとう「春音」 春音(はるおと)は、山形県が育成し平成25年1月から出荷が始まったふきのとうの新品種。形は丸く、色は黄緑色で赤みがほとんどなく、包葉が多く締りが良く、豊かな香りと優れた食感が特徴です。
促成ふきのとう「春音」
主要産地 新庄市 真室川町 鮭川村
出荷時期 12月〜4月
サマーティアラ 「ケーキの宝冠」を名前の由来とする、夏秋どりいちごのサマーティアラは、高い糖度と適度な酸味があり、形や断面の美しさからケーキ用として最適です。
サマーティアラ
主要産地 新庄市 真室川町 鮭川村
出荷時期 6月上旬〜12月中旬

※出典)山形県最上総合支庁産業経済部農業振興課・最上地域雇用創造推進協議会発行「最上(もがみ)の食材2015」より

過去の情報

▲ページのトップへ