ホームおいしい山形コーナー > ペロリン


愛称決定
この3月から5月末まで、募集していました「山形県農産物統一シンボルマークの愛称」について、下記のとおり決定しました。
ペロリン

名付けてくれたのは、
山形県最上郡金山町 中田小学校6年生 栗田 真里絵さんです。
(栗田 真里絵さんには、最優秀賞として図書券3万円を贈呈することにしております。)


選定理由として、
(1) 応募が一番多い作品であったこと。つまり、シンボルマークのイメージとして多勢から支持されている。
(2) 本県の農産物の「おいしさ」を素直にそのまま表現し、そして、その「おいしさ」を容易に想像できること。(キャッチフレーズ「おいしい山形」の策定趣旨にも合致すること。)
(3) 一度聞いたら忘れないインパクトがあり、覚えやすく、親しみやすい愛称であること。
(4) シンボルマークにふさわしい、愛らしく、かわいらしい愛称であること。
(5) 「ペロリンちゃん」または「ペロリンくん」などへの汎用性もあること。

参考として、応募総数は、6,202通ありました。
《内訳》
はがき 3,297通
FAX.  291通
メール  977通
iモード
1,637通
(携帯電話から受付)  

おいしい山形コーナートップへ戻る