山形んまいもの探しの旅「ペロリンが行く!」 vol.14 川西町

神戸屋店鋪

川西町大字吉田の「神戸屋菓子店」さん。先代が神戸の街の美しさに感動し、そのままお店の名前にしたという、老舗和洋菓子店さん。

神戸屋ご主人

「神戸屋菓子店」さんは、かつては「松たけ羊羹」が売られていたりと、アイディアいっぱいのお菓子屋さんなんだペロ。店内の他のお菓子にも興味津々の僕・・・。「『紅大豆』は豆なので和菓子も考えてみましたが、神戸屋らしい『紅大豆』の洋菓子にしました」と、まだまだ構想はいっぱいお持ちみたいだペロ。新メニュー誕生も間近かな?神戸屋菓子店さん、今後も、んまい「紅大豆」のお菓子をよろしくお願いしますねペロ!

本文へ戻る