山形んまいもの探しの旅「ペロリンが行く!」 vol.14 川西町

うこぎ畑

うこぎの木が1,000本植えられている畑。米沢では上杉鷹山公が推賞し、「食べられる垣根」としても知られている「うこぎ新梢」。摘めば摘むほど新芽が次々と出てくるんだって、おもしろいペロね〜。この畑、実は「うこぎ研究会」代表の和田さんとおばあちゃんが一人で作っているんだって。手間もかからず、次々と芽が出てくるなんて不思議だね。

うこぎ新梢

「うこぎ新梢」は、独特の香りと苦味が特徴で、てんぷらやご飯、おひたし、お茶、切り和え、味噌和えなど用途もたくさん。最近では、デパートの食料品売り場でも販売されているんだペロ。摘んだら塩茹でにして、冷凍しておけば日持ちもできるんだって。こちらも優秀な食材だペロ〜。

本文へ戻る