『竹炭1000 鳥海の杜』の“1000”は炭を焼くときの温度で、1,000度の熱でじっくりと焼くと、竹そのものに遠赤外線効果が生じるんだって。『鳥海の杜』さんでは、その竹炭をいれた枕や布団を商品化し、肩こりやいびき防止につながり「安眠できる」と評判なんだってペロ〜ン。

▲『竹炭1000 鳥海の杜』の“1000”は炭を焼くときの温度で、1,000度の熱でじっくりと焼くと、竹そのものに遠赤外線効果が生じるんだって。『鳥海の杜』さんでは、その竹炭をいれた枕や布団を商品化し、肩こりやいびき防止につながり「安眠できる」と評判なんだってペロ〜ン。

旬恵祭はんまいもののお祭りなので、遊佐町産モロヘイヤを練り込んだ『王様うどん』と鳥海孟宗竹の竹炭を練り込んだ『玄(クロ)うどん』を試食・販売、天然素材にこだわった遊佐町の地産地消うどんペロね〜♪

▲旬恵祭はんまいもののお祭りなので、遊佐町産モロヘイヤを練り込んだ『王様うどん』と鳥海孟宗竹の竹炭を練り込んだ『玄(クロ)うどん』を試食・販売、天然素材にこだわった遊佐町の地産地消うどんペロね〜♪

「遊佐町の優良な孟宗を、1,000度の熱でじっくり焼いた良質な竹炭を練り込んだ『玄うどん』だよ。ペロリンもぜひ食べてみて。」と庄子さん。『玄うどん』は、見た目は真っ黒でびっくりしたけど、もちもちした触感、つるつるっとした喉越しで、とってもおいしかったペロ〜ン♪

▲「遊佐町の優良な孟宗を、1,000度の熱でじっくり焼いた良質な竹炭を練り込んだ『玄うどん』だよ。ペロリンもぜひ食べてみて。」と庄子さん。『玄うどん』は、見た目は真っ黒でびっくりしたけど、もちもちした触感、つるつるっとした喉越しで、とってもおいしかったペロ〜ン♪

本文へ戻る