秋の旬の代表選手「悪戸いも」。かつて川の氾濫など水害が多かった山形市西部の悪戸地区が栽培地。人間は困ったけど、里芋にとっては適地だったペロね。ねっとりと粘りが強くて、長時間煮込んでも煮崩れしないから、芋煮にはぴったりペロ〜ン♪

和風のエディブルフラワー「もってのほか」。花びらが筒状だから歯触りがシャキシャキ。「天皇の御紋である菊を食べるとはもってのほか!」とか「もってのほかおいしい!」というのが名前の由来なんだペロ。ほのかな甘みと苦味がポイントで、酢の物にするのが一般的。

本文へ戻る