見事、山形市長賞を受賞した上山明新館高校「明新館」チームの「初夏の宝石さくらんぼ水まんじゅう」。さくらんぼは、よく宝石にたとえられるので、ルビー色に輝く佐藤錦のシロップ漬けを餡でまるごと包んで、涼やかな生地に入った宝石箱をイメージしてネーミングしたペロよ。

「明新館」チームは、食料生産科で学ぶ仲間たちペロ。加工実習のときに、さくらんぼと餡が和菓子と相性がいいことを発見したんだって。農業の6次産業化プロジェクト学習に取り組んでいて、「山形県のおいしい農産物を活用して全国にPRし、消費拡大につなげたいと思っています」ときっぱり。頼もしいペロね〜!

本文へ戻る