メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > 紅花について

山形県の花 紅花について
まゆはきを俤にして紅粉の花 芭蕉
 紅花は、アザミに似たキク科の花で、古名を末摘花(すえつむはな)、紅藍(べにあい)、久礼奈為(くれない)とも呼ばれ、7月の梅雨の時期から梅雨明けにかけて、真黄色の花を咲かせます。
 原産地の中近東からシルクロードを経て、3世紀頃に渡来した紅花は山形で美しく花開きました。特に江戸時代においては、土も肥えて水はけもよい最上川流域は紅花の一大産地となり、山形の紅花は京都や大阪で大変重宝されました。
 昭和57年には、紅花が山形県の花として定められ、山形県民に広く親しまれています。現在では、加工用品種の「もがみべにばな」や、切花用品種の「とげなし紅花」・「しろばな紅花」などが、山形県内の村山・置賜地方を中心に栽培されております。


山形県の紅花栽培の歴史と現状
 紅花栽培の栄華と衰退、
 復興、そして今…
紅花栽培のしかた
 畑で紅花を栽培してみよう。
紅花染めのしかた
 紅花からは黄色や紅色に染める
 ことができます。
日本農業遺産
 歴史と伝統がつなぐ山形の「最上紅花」
 〜日本で唯一、世界でも稀有な
  紅花生産・染色用加工システム〜
山形県内の紅花まつり
 県内で開催される紅花まつりの
 日程、場所など。
 

山形県農林水産部園芸農業推進課野菜花き振興担当
〒990-8570 山形市松波2丁目8番1号
TEL 023(630)2487 FAX 023(630)2456

 

 

▲ページのトップへ