メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > 山形県卸売市場の紹介:卸売市場について

おいしい山形 山形県卸売市場の紹介

卸売市場
について
卸売市場
マップ
青果物市場 水産物市場 水産物
産地市場
花き市場

○卸売市場ってどんなところ?

 卸売市場は野菜や果物、お魚等の生鮮食料品等が「卸売業者」によって、全国各地の産地から大量に集められ、せり等によって、「仲卸業者」や、八百屋さん、魚屋さんなどの「小売業者」に販売されていく場所です。
 卸売市場の定義として、せり等を行う卸売場、搬入搬出のための自動車駐車場、その他の生鮮食料品等の取引および荷さばきに必要な施設を継続して開場されるものを指します。
 卸売市場の役割として、以下の点があげられます。

  • 大量の農林水産物をまとめて扱い、効率的にかつ確実に消費者に向けて生鮮食料品等を供給していく場所であること。
  • 販売代金がすぐに支払われるので、生産者にとって自らが作った農産物を安心して出荷できる場所であること。
  • 多種多量の農林水産物が集まるので、購入者側にとっても、安定的にかつ効率的に購入することができる場所であること。

 このように卸売市場は、私たちの"たべもの"を安定的に供給してくれる場所として、私たちの暮らしになくてはならない存在となっています。

卸売市場での物の流れ

○卸売市場にはどのような種類があるの?

 卸売市場には、その規模によって大きく「中央卸売市場」、「地方卸売市場」、「その他市場」の3種類にわかれます。また、その中でも販売品目によって、野菜や果物をあつかう「青果物市場」、漁により水揚げした魚をそのまま販売する「水産物産地市場」、産地から運ばれた魚を販売する「水産物市場」、切り花や鉢物等をあつかう「花き市場」があります。

市場の種類 開設の要件 山形県の市場数
総合 青果 水産(産地) 花き
中央卸売市場 都道府県、人口20万人以上の市、又、これらが加入する一部事務組合、もしくは広域連合が、農林水産大臣の認可を受けて開設する卸売市場
地方卸売市場 中央卸売市場以外の卸売市場であって卸売場面積が一定規模以上のものについて知事の許可を受けて開設される卸売市場(政令規模)
青果物 330m2以上
水産物 200m2以上
(産地市場 330m2以上)
食肉 150m2以上
花き 200m2以上
1 9 9(3) 1
その他の市場 中央及び地方卸売市場以外の卸売市場(規模未満の市場) 0 6 1 1

<参考リンク>

●農林水産省 卸売市場情報
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sijyo/info/index.html

●東京都中央卸売市場
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/index.html

<卸売市場についての質問は>

山形県農林水産部6次産業推進課 卸売市場担当
TEL:023-630-3076
E-mail:yamagata@nmai.org

▲ページのトップへ