メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > ペロリンの山形旬情報《えだまめ》

ペロリンの山形旬情報

えだまめ

2018年7月25日掲載

今日の旬な農産物

「えだまめ」

日本一のえだまめ産地を目指して

えだまめ産地

「だだちゃ豆」や「秘伝」など、美味しいえだまめ産地がひしめく山形県は、平成28年度のえだまめ産出額が41億円で全国3位。日本一のえだまめ産地を目指して「山形えだまめ日本一産地化プロジェクト」に取組んでいます。

プロジェクトでは、科学的な根拠に基づいて美味しいえだまめを生産するため、えだまめの甘みや旨みを光センサーで評価するシステムの利用方法などについて検討しています。

▼枝豆日本一へ食味基準設定〔山形新聞:平成30年7月7日〕
http://www.yamagata-np.jp/news/201807/07/kj_2018070700135.php


美味しさ自慢の山形枝豆ラインナップ

主産地

<庄内地域「茶毛の山形枝豆」>

鶴岡市鶴岡地域の「だだちゃ豆」は山形が全国に誇るトップブランド。「だだちゃ豆」などの茶毛の枝豆は、日本海側の庄内地方で広く栽培されてきました。

茹で上げれば、甘い香りが漂い、口の中にうまみが広がります。

「茶毛の山形枝豆」の旬は7月下旬から9月中旬。茶毛品種ならではの口いっぱいに広がる甘い香りとうまみをご堪能ください!

<村山・置賜地域「秘伝の山形枝豆」>

山形の枝豆は夏だけでは終わりません。9月の名月を別名「豆名月」といいますが、そんな時期から食べられる品種が「秘伝」です。

みんなに内緒にしたい枝豆。だから名前は「秘伝」。旬が短い、だからこそ手に入りにくい「秘伝」の大粒種で風味のある香りと甘み。寒暖の差が大きい村山・置賜地方の「秘伝」枝豆は別格です。

秘伝の甘みと深い味わいをご堪能ください!

枝豆の美味しい茹で方

▲ページのトップへ